0

花珠真珠とは

 

花珠真珠とは

 

オーロラ花珠真珠とは、上質な真珠にのみに与えられる名称になります。
第3者機関での検査にて、「まきの厚さ」「テリの強さ」「傷の程度」「形」「色」の全てにおいて、基準以上の品質を満たしている事が条件となり、アコヤ真珠(ホワイト系)の最高品質の範疇と認められた真珠に与えられる特別呼称です。
美しい真珠は、厳格に人間の目視と計測機器までも使用することにより判定されます。

 

これらが花珠真珠に合格する為の5つのポイントとなりますので、
もう少し分かり易く解説していきます。

 

 

どの程度綺麗な真珠であれば合格するのか?

 

実際に、かなり厳しく検査をされ、中途半端な品では、そう簡単に検査に通りません。
合格しそうな真珠の連やルースを検査依頼してみますと
合格するのは、極僅かとなってしまい、ネックレス場合は一部の珠の交換が
合格の条件となる場合もあります。
テリは勿論、キズの程度、珠の形や色、珠の揃い方、巻きの厚さなど全体的な評価が基準となります。

 

まきの厚さ

 

 

 

 

 

 

 

一定以上の巻きの厚さがないと真珠本来のテリは生まれません。
また、巻きが厚いことにより、真珠の経年劣化も少なくなります。
繊細な薄い巻きが幾層にも重なり合うことにより、美しい艶やかなテリが現れますので、
巻きの厚さとテリは、比例するものではありません。巻きが厚いほど、
良質な真珠であるという判断は間違っておりますが、薄巻きと呼ばれる真珠に、
強いテリが存在しないのは事実です。

 

 

 

テリの強さ

 

 

 

 

 

 

本来の美しい真珠だけに備わる強いテリ、真珠にテリがなければ、真珠の魅力を語れません。このテリの違いは、実際に複数のネックレスを比較して比べないと分かりにくい部分ではありますが、お店の照明の下だけで判断するのではなく、自然光で見た方が判断しやすい場合もございます。購入される際は、北側の窓など直射日光ではない柔らかな自然光で、真珠をご覧になって頂ければ、色合いやテリ感も判断して頂き易いと思います。

 

 

 

キズの程度

 

 

 

 

 

 

 

キズと言っても色々な種類があります。一般的な膨らんだようなものやエクボと呼ばれる窪み、真珠の表面の僅かなシワやスジ、真珠を漂白する際に出来てしまう加工キズなどが挙げられます。

 

花珠真珠の場合、上に挙げたようなキズの種類すべてにおいて、真珠の価値を著しく損なうような目立つキズは含まれません。限りなく無傷に近い珠のみが選ばれて使用されております。

 

 

 

かたち

 

 


 

 

 

 

ひと目で楕円と判断できる真珠をセミラウンドと呼びます。花珠真珠には、はっきりとしたセミラウンドは含まれません。また穴を開ける部分についても、膨らみがあったり、ラウンドでない珠を使用すると、ネックレスに組んだ際、ネックレスの輪が綺麗な円を描きにくくなりますので、使用されておりません。

オーロラ花珠真珠 リング 9ミリup(9.5ミリ以上も有) プラチナ900 ダイヤ合計0.24ct

 

光栄トレーディングでは、本当に美しい花珠真珠をお届けする為に、照り・輝き共にパーフェクトかどうかを重視し、必ずご満足していただける良質な品のみを取り揃えております。信頼を揺るがす真珠を販売したくないとの想いから、商品の全てを「オーロラ花珠真珠」にて取り揃えて、安心して御購入頂けるように徹底的な品質志向を貫いております。ただ合格しただけの品とは別格の輝きある一級品を是非お確かめ下さい。成人のお祝いやご結婚時の贈り物としてお薦めのグレードとなります。

 

花珠真珠 ダイヤモンド帯留め(中央9.8ミリ・サイド9ミリ・合計0.6ct EカラーVVS2~SI1)

 

本来の花珠真珠とは、何処へ着けて行って頂いても、周りの方々からも綺麗な真珠と、
一目で認識して頂ける貴重な真珠となります。
その為にも、花珠と称されていれば良いというものではございません。

 

弊社では、本当に美しい花珠真珠をお届けする為に、常に最善の努力を惜しみません。
品質に妥協した商品を販売したくないという強い想いから、ランク分けせずに、
パーフェクトクラスの一級品のみをご用意致しております。

 

 

オーロラ花珠真珠の商品詳細は、こちら

タップもしくはクリックしてご覧下さい。
 

サマークリアランスセール開催中
 

オーロラ花珠真珠ネックレスセット    6.5-7ミリ   ¥48,000(税込)

オーロラ花珠真珠ネックレスセット    7-7.5ミリ   ¥68,000(税込)

オーロラ花珠真珠ネックレスセット    7.5-8ミリ   ¥98,000(税込)

オーロラ花珠真珠ネックレスセット    8-8.5ミリ  ¥118,000(税込)

オーロラ花珠真珠ネックレスセット    8.5-9ミリ  ¥139,800(税込)

オーロラ花珠真珠ネックレスセット    9-9.5ミリ  ¥198,000(税込)

オーロラ花珠真珠ネックレスセット    9.5-10ミリ  ¥358,000(税込)

 

 

オーロラ天女(花珠真珠の最高峰)の商品詳細は、こちら
タップもしくはクリックしてご覧下さい。
 

オーロラ天女真珠ネックレスセット    7-7.5ミリ  ¥118,000(税込)

オーロラ天女真珠ネックレスセット    7.5-8ミリ  ¥148,000(税込)

オーロラ天女真珠ネックレスセット    8-8.5ミリ  ¥188,000(税込)

オーロラ天女真珠ネックレスセット    8.5-9ミリ  ¥228,000(税込)

オーロラ天女真珠ネックレスセット    9-9.5ミリ  ¥358,000(税込)

0

花珠真珠 美しい輝き

オリジナル 花珠真珠の帯留め

オリジナル 花珠真珠の帯留め


ポイント


本当に美しい「花珠真珠」をお届けする為に、


常に最善の努力を惜しみません。


品質を最も重要とし、目の肥えたお客様に必ずご満足して


いただける
良質な品のみを取り揃えております。


ただ合格しただけの花珠とは別格の商品をご用意しております。

 


ポイント


弊社では花珠真珠をランク分けして販売致しません。


その理由は、東京や北海道などの遠方よりわざわざ関西の京都までお越し頂く、


お客様に、お値打ちな金額で呼び込んで、高い商品を販売するのは


失礼にあたるとの思いがあることが一つの理由になります。


もう一つの理由は、品質に妥協した商品を販売したくないという


強い思いがあるからです。


一級品のみを厳選して販売しております。


弊社で取り扱いのオーロラ天女の販売価格を確認いただければ、

花珠真珠の品質が価格以上であることの証明になります。

その理由は、オーロラ天女で合格する商品をわざわざノーマルの花珠真珠として

販売することは、ないからです。

天女と花珠真珠の差額分しか品質の違いはございません。

 

 

ポイント

販売方法を工夫すれば、適切な販売価格の設定が可能になります。


一度購入いただいたお客様との長いお付き合いを目指しております。

  
ダイヤモンドなどの真珠以外の取り扱い商品も、真珠をご購入していただき、


お喜びいただいた
多くの方に継続してご利用いただいて参りました。


販売経費を抑えて販売価格に還元し、

   
大手メーカー様より協力を頂いて、最適なタイミングで仕入を行なうことにより、

   
実現できた自信の価格となります。


そのような花珠真珠から写真のような帯留めも完成致しました。

  
真珠本来の美しさを是非お確かめ下さい。

 

 

 

 

 

0

花珠真珠の選び方 販売価格や相場について

「花珠」と表示されていても、品質には差があります。
また同じ鑑定書でも、品質が異なる場合がございます。

 

価格の高い商品が、必ずしも品質が良い訳ではありません。
流通経路と仕入れ方によって納入コストは変わります。
販売経費・販売価格・利益率は、お店によって大きく
異なります。

 

以前から取り扱いをしております
「オーロラ花珠真珠」。
花珠真珠の中でも、権威ある真珠科学研究所の鑑定になり、しっかりとした輝き・テリが
感じられ自信をもってお薦めできる本真珠となります。

花珠真珠とは、ほぼ無傷なルースまたは珠を厳選して組み上げたネックレスの中から、
第三者の鑑別機関での厳しい審査基準で、
てり・色・形・の全てが最高品質の範囲に
該当する事が、条件となります。
さらに真珠層のまき厚まで計測され、
まき厚が0.4ミリ以上あり、しっかりと
真珠層が形成されていないと
合格とは認められません。

 

 

良質な花珠真珠の選び方を分かりやすく解説!
長年にわたり、真珠の仕入に携ってきたバイヤーが
真珠をご購入の方に役立つ、後悔しない為の7ポイント
(テリ・キズ・形・連相・ペア・色・価格)をお教えします。

 

綺麗な花珠真珠を作る為に、選別は重要な作業となります。
作業は、熟練した職人の目と手によって時間を惜しまず、丁寧に行われます。
真珠はひと粒それぞれが違う表情を持っており、天候などの影響による、
少しの光の環境変化によっても表情や印象が変わったように見える繊細な品でもありますが、
真珠本来の品質を見極めることにより、選び抜かれた美しい真珠から
花珠真珠が仕上がります。

 

■品質の違いを見分ける

 

真珠のテリ

真珠のテリ

 

真珠の評価で一番重要なのが、テリ・輝きではないでしょうか?
テリの弱い真珠は多く存在しますが、長く使う品ですので、
一番重要視したいポイントになります。

 

 

良い

こちらの画像では、上側の真珠がテリの良い真珠となります。
本来の花珠真珠は、最低限この程度の強い輝きがあります。
テリの良い真珠ほど表面の光沢が増し、映りこみがはっきりとしてきます。
この光沢は、磨いて出るものではなく、真珠層が繊細に何層にも重なることにより、
真珠特有の輝きとなって現れます。

 

「まき厚」の数値が大きいから、「テリ」が強いとは限りません。
まき厚とテリとは比例しません。まき厚は最低限必要ですが、真珠は見た目が重要です。
まき厚の数値が大きくても、てりの弱い真珠は存在します。

 

私見ですが

例えば南洋真珠の「まき厚」は、アコヤ真珠より厚い場合が多く見受けられます、
しかしながら、アコヤ真珠の方が南洋真珠より、特有のテリがあるようにも感じます。

 

悪い

写真下側のように、少し輝きが弱くなります。
続きを読む