0

ジュエリーのデザイン 真珠など素材の良さを引き立てる

オーロラ花珠真珠 帯留め


デザインの趣向は、好みにより異なりますが、シンプルな中に斬新さを合わせ持ち、
更に流行に左右されにくいデザインが一般的に今求められているものになるのでは
ないでしょうか、
ただ斬新といっても一言では難しい部分もありますが、商品の中に固有のセンスを
入れる量が多くも少なくもないバランスが重要になります。
最近は差別化の為に、個性を前面にした商品も見受けられますが、そのデザインが
10年後に周りのものと自然に溶け込めているかと考えると、なかなか難しい部分もあります。
年数が経った時にでも、古いものになりにくく、そのものが存在感や味わいを
表すものこそが、良く考察されたデザインだと捉えております。

 

写真の帯留めも素材の良さを前面に出し、シンプルにしてスッキリ感とした印象で
若い方でもお着けていただけるように配慮いたしました。
従来のものは枠で取り囲むようなものが多く、どうしても古風な印象になりがちでした。
側面から見た際の高さも、それぞれの真珠の大きさに合わせて、プラチナ枠をカットすることで
全体の出っ張りを少なくし、ダイヤモンドと真珠のラインがベストなバランスで
緩いカーブを描いております。
インパクトのある長さがあるにも関わらず、装着された際には、長さを感じさせない
自然な納まり感が出てまいります。

 

どのようなデザインでもご依頼があれば承っておりますが、ついつい個人的な
思い入れが強くなりがちです。但し、この思い入れが十数年、出来れば数十年先までの
ご依頼主様の喜びにつながればと考えております。

光栄トレーディング スタッフ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)