0

謹賀新年

IMG_1917_0199_edited-1
新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しく御願い申し上げます。
御挨拶が遅くなりましたが、本日より営業させて頂いております。
昨年末、結納にお使いになるエンゲージリング等をお納めさせて頂いた際に、御依頼頂きました
「オーロラ花珠 8.5~9ミリ 100センチ ロング」が仕上がりました。1連でも2連でもご使用いただけます。万一の場合を考慮して、オールノットで仕上げております。鑑定書の御用意が出来ておりませんので、もうしばらく大切にお預かりしております。

0

プラチナ製 白蝶真珠 13ミリ ダイヤペンダント

IMG_1832_0077_edited-2IMG_1830_0075_edited-2
 白蝶真珠では希少なピンク系で、無傷・てり最強なルースをダイヤモンドの2重サークル枠にセッティングさせて頂きました。
まず内側のサークルの直径をどうするかですが、大きすぎるとせっかくの綺麗な珠が沈み込みすぎて台無しになります。また小さすぎるとダイヤが見えなくなってしまいます。内側のサークルを元に外側の直径を確定させます。次に内外側サークルの高さの設定も外側を内側より約1ミリ高くしたいのですが、高すぎると横方向から見た時の見栄えが悪くなり、低くし過ぎれば、内側のサークルの裏側まで真珠が突出してしまいます。試作を繰り返し、ようやくバランス良く仕上がりました。次にダイヤモンドですが、オーダー品ですのでより一層上質なメレダイヤを0.58カラット使用させて頂きました。

0

エメラルドのリング

IMG_1823_0068_edited-1
手持ちの在庫で、用意しておりましたエメラルドを気に入って頂いたのですが、あいにく枠のデザインが御希望に沿わず、お好みのデザイン枠は、キャストの為に中石サイズが大きく、入れ替えも出来ないという結果になってしまいました。
それからエメラルドのルース探しを始め、寸法が7.5ミリ×5.5ミリ程度、きずやインクルージョンが極めて少なく、色がしっかりと濃いものという条件で1月程掛かりましたが、ようやく見付け価格も交渉成立。お選びいただいた枠にもぴったりと収まり、綺麗なダイヤも入る限りびっしりと留めて本日お届けさせて戴きました。
エメラルドの石目が1.428カラットと予定より石目が付いてしまい、またダイヤも規格より大きめのもので合計0.24カラットにて隙間の出ないようにセッティングした為に、いつもの如く予算は厳しくなってしまいましたが、お客様よりずっと長い間、エメラルドのリングをお探しになっておられたとの事を伺い、頑張った甲斐がありました。

0

お揃いのイヤリング

IMG_1787_0039_edited-1
 昨年に御依頼いただきましたイヤリングを追加にてペンダントとセットにてオーダーを頂きました。ペンダント枠を加工しイヤリングに改造するのですが、このタイプですとイヤリング金具が、あまり目立たずに仕上がり、お着け頂いた際にピアスに近い自然な風合いになります。ペンダントはホームページにも載せております0.5カラットタイプになり、イヤリングですと合計1カラットとなります。お待たせ致しましたが、明日発送させていただきます。

0

ジュエリーリフォーム ダイヤリング

IMG_1770_0037_edited-1
 お持ちになられていた、一文字のリング 5石 0.57カラットのダイヤモンドを中央に配し、左右1石ずつと上段・下段に各6石の合計0.59カラットを追加させて頂き、センター部分8ミリ サイド部分5ミリのパヴェリングに仕上げさせて頂きました。ハンドメイドにて全体の造形にこだわり、熟練の彫り留め加工によりダイヤとダイヤの隙間が出来る限り目立たないように工夫を致しました。高さも高すぎず低すぎず、ご希望のイメージにて御納得され、何とかお盆前にお渡しする事が出来ました。自分では自信があっても、ご覧い頂くまでは安心できませんね、追加で別のダイヤのペンダント加工も賜わりました。

0

オーロラ真多麻 リング 10ミリアップ

IMG_1745_0019_edited-2
和歌山県のお客様より御依頼のリングです。枠をお選び頂き、その枠が仕上がってからダイヤの石留め加工に、その間にお持ちのネックレスを預からせて頂いて、ルース選びです。当初の御希望は、御予算の関係もあり9.5ミリ前後で御見積もりさせていただいておりましたが、出来るだけ大き目の珠を御希望されているのも存じておりましたので、思い切って10ミリアップを使わせて頂きました。枠を10ミリ用で手配しておいて結果的に助かりました。本日、お喜びのお電話まで頂きました。

0

ジュエリーリフォーム 御家紋のピンバッジ

千葉県のY様_0012_edited-1

 御家紋のバッジ兼タイピンにお持ちになっておられる0.5カラットのダイヤモンドをセットする御依頼を戴きました。
但し、直径約5ミリのダイヤモンドは、直径15ミリにサイズを合わせた家紋と上手くマッチングしません。どうしても家紋の原型を損なってしまいます。
そこで家紋の外側と内側の橘、橘の下の葉をそれぞれ縮尺を調整し、さらに外側の幅を調整すると、橘の花にダイヤがぴったりと合わせることが出来ました。
調整した原型をレーザー加工の深彫りで仕上げた後に最後にダイヤモンドをセットして完成致しました。
最初はお断りしてしまいましたが、やってみれば何とかアイデアが出てくる事を改めて感じさせて戴きました。有難うございます。

0

非加熱サファイア

千葉県のY様千葉県のお客様よりご依頼戴きました、6.65カラット、非加熱サファイヤです。ようやくクリアーでしかも非加熱、ボリュームも御満足戴けるリングにめぐり合えました。いつも御用命戴き有難うございます。